>> 公式LINE始めました!湘南エリアの最新イベント・開店情報配信中

【湘南移住特集vol.3】ベトナムから茅ヶ崎市香川へ家族で移住!茅ヶ崎の子育て環境は?




Instagram(@jimohacks)でも、湘南グルメ情報配信中!
インスタアカウントはこちら

こうちゃん

茅ヶ崎に移住してとっても幸せなジモハック湘南編集長のこうちゃんです!
今回も、湘南移住者に移住エピソードも聴いちゃいます!

湘南エリアに移住した方のエピソードを聞いていく『湘南移住特集』。

今回は、茅ヶ崎市の北の方、香川にご家族で引っ越された和島 祐生さん。
湘南での子育てやお仕事などについて聞いてきました!

ぜひ、あなたの状況と照らし合わせて、参考にしてみてくださいね。

和島祐生さん

埼玉県所沢市出身。ワーキングホリデーで海外を転々とし、5年前にベトナムで起業。

結婚と子育てがきっかけとなり、2020年1月から茅ヶ崎市香川へ移住。家族との時間を大切にしながら、ご自身の会社でシステム構築やWEBコンサル業を邁進中!

Twitter:@ElephantWajima4
facebook:https://www.facebook.com/yuki.wajima.5

湘南エリアの最新情報・クーポン発信中!
>>JIMOHACK湘南公式LINE


目次

5年間のベトナム生活を終え、茅ヶ崎市香川への移住を決めた

こうちゃん

本日はよろしくお願いします!
いきなりですが、和島さんは現在湘南のどちらにお住まいなんですか?

和島さん

お願いします!
はい、茅ヶ崎市の香川駅の近くに住んでいます。

こうちゃん

なるほど、茅ヶ崎でも北側の方にお住まいなんですね。
お仕事はどんなことをされてるんでしょうか?

和島さん

自分で会社をやっています。
業務データベースを作ったり、WEBコンサル業をやっています。

こうちゃん

和島さんは、業務データをサクサクっと見やすくしてて凄いですよね!
茅ヶ崎に来る前はどちらにお住まいだったんでしょうか?

和島さん

元々は5年ほどベトナムに住んでいて、2020年1月に茅ヶ崎へ引っ越して来ました。
ベトナムでは「VEHO PRESS」という東南アジア向けのプレスリリース、ニュース配信会社を経営してました。

ベトナム時代の会社メンバー
こうちゃん

ベトナムでも会社をやってたんですか?!
凄いですね。

和島さん

ベトナム以外にも、オーストラリア、シンガポール、マレーシアにもいました。2013年くらいから海外に住んでましたね。

こうちゃん

約7年間も海外にお住まいで海外志向だったのに、なぜ日本へ帰って来たんですか?

和島さん

ベトナムの会社を退任することがきっかけでした。
2018年に結婚をして、お嫁さんはニュージーランドに住んでいたんですが、2019年に二人で日本に一時帰国した際に「やっぱJapan生活最高だな」って思ったんです。

こうちゃん

なるほど。海外に住んでたからこそ、日本の良さがわかったんですね。
では、なぜ日本の中でも茅ヶ崎を選んだのでしょうか?

和島さん

お嫁さんは町田出身で、僕が埼玉県の所沢市出身で、茅ヶ崎には特に縁もゆかりもありませんでした。
ですが、内陸の人間からすると「湘南ってアツいよね!」という感覚があって。

6、70平米くらいの3LDKの部屋で、かつ10万円以下で住めるところないかな」って探してたんですよ。そしたら茅ヶ崎が検索でヒットしました!

こうちゃん

わかります、なんとなく「湘南」って響きが良いですよね、
僕も最初は、ミーハーだったので(笑)

和島さん

そうなんです。
「茅ヶ崎」は聞いたことがあったし、テンション上がりましたね。
サザンオールスターズの希望の轍~♪が頭に降り注いできて(笑)。 
それで、茅ヶ崎のことを調べ始めました。

そしたら海も近いし、ごはん屋さんもいっぱいあるし、いいんじゃないかと。
しかも、お嫁さんの友達もいることがわかって、日本から5000kmも離れているベトナムから茅ケ崎に想いを馳せて過ごしていました。

こうちゃん

縁もゆかりもない土地だったんですね!
僕もまさにそうでした。

和島さん

はい(笑)。家を見に行った時に初めて茅ヶ崎駅に降り立って、3~4件物件をまわりました。
駅もちょうどいい大きさで混まないし、スーパーもあるし、良さそうだったのでその日に決めました。

中央公園に里山公園。茅ヶ崎には子どもと遊べる公園が充実している

こうちゃん

すごいわかります。
僕もまさに同じで、茅ヶ崎に来たその日に物件を決めました(笑)
茅ヶ崎の空気感が良いのかな。

和島さん

子どもの影響も大きくて、茅ヶ崎は公園もたくさんあるところが良かったです。
蟻や花を見つけたり。ベトナムにはない環境でしたね。

こうちゃん

お子さんの影響が大きかったんですね。

和島さん

そうですね。
子どもがいなかったら東南アジア生活を続けていたと思います。

こうちゃん

茅ヶ崎へ移住してみて住みやすさはどうですか。

和島さん

マンションのベランダから富士山が見えるのは嬉しいですね。
あとは、中央公園とか、色んな公園へ自転車で行けるのが良いです。
ごはん屋さんやカフェを開拓するのも楽しい。

飽きずに1年があっという間に過ぎて、最近やっと車を買いました。

こうちゃん

子育てはしやすい街なのでしょうか。

和島さん

子育てしやすいと思います。
公園もいっぱいあって、子育てをしているパパやママも多いです。
幼稚園もいくつか候補があって、そこから選ぶことができました。

細かいところを言うと、小児科が少ないですね。
海老名や寒川の方が子育て支援センターは充実しているかもしれません。

自宅近くの公園
こうちゃん

茅ヶ崎の北側は広い公園もありますよね。

和島さん

そうですね。
里山公園もあるし、集合住宅地にある小さな公園も点在しているし。
ちっちゃい公園をはしごしながら子どもと遊んでいます。
寒川中央公園もたまに遊びに行っています。

こうちゃん

茅ヶ崎って海のイメージがありますけど、確かに北側はイオンやイトーヨーカドー等があって便利だし、公園や里山的な空間も多いから子育てには良さそうですよね。

和島さん

そうなんですよ。特に僕が住んでる茅ヶ崎の香川は家賃も安くて広い家にも住めるので、ファミリーの方にはおすすめです!

こうちゃん

逆に、移住してみて大変だったことはありますか?

和島さん

正直、見当たらないですね(笑)。
大型ショッピングモールが辻堂か海老名に行かないとないことかなぁ。

コワーキングスペース「チガラボ」で人間関係が広がった

こうちゃん

和島さんはリモートで働いていますよね。
お仕事の環境として茅ヶ崎はどうですか?

和島さん

もともとリモートワークでしたが、茅ヶ崎ではコワーキングスペース「チガラボ」でお仕事しています。
茅ヶ崎駅の近くにあって、自転車で10分くらい走れば着くので、リフレッシュにも良いです。

こうちゃん

僕ともチガラボで出会いましたもんね。
縁もゆかりもない土地で、知り合いはどのように作りましたか?

和島さん

そうですね。
チガラボでの出会いは大きくて、銭湯行ったり、飲みにいったりしましたよね。茅ヶ崎はWEB系のフリーランスの方が多いと思います。コワーキングスペースも最近増えていますね。

あとは、公園でパパ友が2、3人できました!
同じ学年の子どもがいるパパ友で、家に遊びに行ったり、公園でごはん食べたりしています。都内だったら公園で遊んでいても友達はできなかったかもしれません(笑)。

田舎すぎず、都会すぎず、人間関係もちょうどいい距離感が茅ヶ崎にはあります。

こうちゃん

パパ友まで!
ママ友はよく聞くけど、パパ友まで出来ちゃうのは、茅ヶ崎のフレンドリーな感じもあるのかもしれないですね。

茅ヶ崎の海岸
和島さん

サザンビーチも自転車で行けて、海を眺めながら気分転換できます。 
海外から日本に帰ってきた友達も、小旅行気分で茅ヶ崎に来たりします。
美味しいごはんを食べて、海を見て、「いい一日だった、人生がんばるわ~」って帰っていきますよ(笑)。

こうちゃん

確かに、海も山も美味しいご飯もあって、ちょっとした旅行気分も味わえるかも♪
和島さんは温泉好きだと思いますが、茅ヶ崎はどうですか?

和島さん

「竜泉寺の湯」や「湯快爽快」もあって、素晴らしいですよね。
車もゲットしたので箱根や熱海も行ってみたいなと思っています。

こうちゃん

気軽に温泉に行けるの良いですよね~!
僕もフラッと箱根に行く時ありますもん笑

和島さんの好きなお店は、どんなお店ですか?

和島さん

パン・ド・ナノッシュ」というパン屋さんに家族でよくいきます。
ラーメン屋もいっぱいあって、鶏白湯系の「OKAWARI」とか、がっつり系の「菜良 (サラ)」「登夢道」もよく行きます。
これからももっと開拓していきたいです。

ナノッシュのパン
登夢道
登夢道ラーメン
こうちゃん

美味しいパン屋さんとラーメン屋さんは本当に多いですよね!
僕と一緒にたくさん開拓していきましょう(笑)

最後に、今後やっていきたいことはありますか?

和島さん

茅ヶ崎でこうちゃんとコワーキングスペースを作りたいです!
自分自身、コワーキングスペースで人間関係が広がりましたし、地域の中でリアルな拠点を作って、より茅ヶ崎をみんなで楽しみたいと思っています。

こうちゃん

それはぜひやってみたいですね!
作業スペースだけではなくて、出会いの場にして、もっと茅ヶ崎や湘南を面白い街に出来たら絶対楽しいです♪
ぜひ一緒にやっていきましょう~!

ライター浪岡からの一言

7年間の海外生活を経て、日本での暮らしを選んだ和島さん。

初めて茅ヶ崎を訪れた日に物件を決めたエピソードが面白かったです(笑)家族で充実した移住ライフを送っていて、とっても楽しそう。

湘南への移住を検討されている方は、コワーキングスペース「チガラボ」を活用すると人間関係が広がっていきそうですね!

企画協力:NPO法人湘南スタイル

湘南移住特集

Instagram(@jimohacks)でも、湘南グルメ情報配信中!
インスタアカウントはこちら

あなたのお店をPRしませんか?

JIMOHACK湘南では、パートナー企業を募集しています。
スポンサーの方には、取材などをさせて頂き、ジモハック湘南のWEBメディアとSNSであなたのお店や会社を全力でPRさせて頂きます!

もし、興味がありましたら「パートナー企業募集」のページをご確認いただき問い合わせいただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる