>> 公式LINE始めました!湘南エリアの最新イベント・開店情報配信中

【茅ヶ崎】東海道名物「でかまん菓子舗」とは?大きさを大公開!

どうも!“食べた分だけ動かにゃ太る”、年齢の榎です!

そんな私は数年前から「旧東海道歩き」というチャレンジをしています。

簡単にご説明すると、江戸時代に徳川家康によって整備された「五畿七道」の一つの「東海道五十三次」に沿って当時の地図を頼りに歩くのですが、起点「日本橋」から終点「京都」までの距離は487.8㎞!!

そんな長い道のりの途中、「茅ケ崎一里塚」から平塚へ向かう道沿いに歩いていると、かなりの存在感があるお店を発見しましたよ。

それが、今回ご紹介する「でかまん菓子舗」です!

目次

でかまん菓子舗とは?

松並木

東海道の松並木

「でかまん菓子舗」のご紹介をする前に、茅ケ崎の歴史の話をちらり。

冒頭で少し触れましたが、江戸時代の東海道には五十三の宿場町(今でいう休憩所や伝達拠点)が存在しており、茅ケ崎は「藤澤宿」と「平塚宿」の通過地点となります。

茅ケ崎市内の国道一号線(=東海道)沿いを車で走ると松並木が広がっていることに気がつきますよね。実はこれ江戸時代から続くもの。歌川広重の浮世絵にも描かれています。

ほーら、中高校の頃にやった日本史を少しずつ思い出してきました?

一里塚

茅ケ崎一里塚の碑

そして、茅ケ崎には「一里塚通り」がありますよね。
これは「東海道の江戸日本橋からの距離」を表す14番目の「一里塚」が設置されているからなんです。

「茅ケ崎一里塚」は、北口を降りて右手の大通り「一里塚通り」をまっすぐ進み、「国道一号線」(=東海道)と交わる手前の場所にあるので、茅ケ崎のジモハッカーなら一度は見ておいて欲しい!

でかまん店舗

でかまん菓子補

1951年(昭和26年創業)の老舗の和菓子屋「でかまん菓子補」は、「茅ケ崎一里塚」を拠点に平塚方向へ徒歩で30分ほど、小出川の手前にあります。

茅ケ崎駅北口からも徒歩なら同じ30分ぐらいなのですが、国道一号線沿いですし駐車場もあるので、よっぽどの物好き以外は車の方が良いかも知れません(笑)

店舗の屋根の看板にはババーンと「海道一 名物でかまん菓子本舗」とありますね!※東海道は海道とも言います。

木製の看板も右読みですし、特に「で」の旧字体がいい仕事をしていますねぇ。

縦看板

また、道路沿いにはこんなでかでかとした立て看板まで。
車からでも見落としようがありません!!こちらは「東海道の名物まんじゅう」とあります。

でかまんメニュー

6種類

主なでかまんメニュー一覧
  • でかまん(縦32㎝、横22㎝)・・・3,500円(税抜)
  • でかまん(縦28㎝、横18㎝)・・・2,500円(税抜)
  • でかまん(縦24㎝、横16㎝)・・・1,500円(税抜)
  • でかまん(縦19㎝、横13㎝)・・・700円(税抜)
  • でかまん(縦?㎝、横?㎝)・・・300円(税抜)
  • でかまん(縦?㎝、横?㎝)・・・150円(税抜)
  • 夫婦鮎最中・・・120円(税抜)
  • 寅巻・・・150円(税抜)など

「でかまん菓子舗」では、でかまんを始め和菓子や洋菓子など20種類近くの商品を扱っており、地元の方には夫婦鮎最中なども人気なんだとか。

が、しかし、やはり気になってしまうのは“名物でかまん”ですよね!

でかまんのキャッチコピーは
“夢とロマンをあなたに贈る東海道の名物まんじゅう お茶の友にどうぞ。”
夢とロマン…これは東海道歩きをしていれば買わずにはいられないキラーワードです。。

店頭に並んでいたでかまんは、サイズ別に6種ありました。

でかまん

ででででででかいぞ!

一番大きいでかまん(縦32㎝、横22㎝)は3,500円(税抜)!!

でかいっ!昼寝用の枕にできそう!

ちなみに、ひとつひとつ手作りなので、大きいでかまんを確実に欲しい方は事前予約が必須です。

公式サイトによると、特注でならお正月の鏡餅の代りに鏡まんじゅうにしたり、結婚式のケーキカットの代りにおまんじゅうカットにしたり、1個5,000円や10,000円のでかまんを作ることも可能なんだとか!!恐るべし。。

みにまん

一番小さいでかまん

しかし、私は(一応)旧東海道旅の途中。ここであまり大きいものを食べる訳にはいきません。

というわけで、一番小さいでかまん(税抜150円)にしましたが、どうでしょう?
一番小さいのに割と大き目…。いえ、でかめ。

読めませんが、饅頭の表面には「でかまん」と書いてあるそうです。

公式サイトなどにもサイズの記載はありませんでしたが、私の手の大きさと比較すると、縦7㎝、横5㎝ぐらいでしょうか?やっぱりでかっ!

榎

なんといっても「東海道の名物まんじゅう」ですから、旧東海道歩きの記念に写真にも収めております。

なめらかな小豆こしあんを使用した、ほっこりとした優しい甘い味に、長旅の疲れが癒されます。

まんじゅう生地のふくふく感と合わせて落ち着くなぁ~。

あっという間に平らげてお茶が欲しいなぁと思ったら、立て看板の下に自動販売機がありました(笑)
はー。ごちそうさまでした。英気が養われたのでまだまだ歩くぞー!

その他の口コミ

口コミサイト 口コミ件数
食べログ 4 (3.11)
retty 3 星(85%)
Googleマップ 18 (4.4)

営業時間・アクセス・駐車場情報

住所 〒253-0087 神奈川県茅ヶ崎市下町屋1丁目6−5
電話番号 0467-83-4212
アクセス 「茅ケ崎一里塚」から国道一号線(東海道)沿いを徒歩30分。(茅ケ崎駅北口からも徒歩30分)
営業時間 10時00分~19時00分
定休日 月曜日
予算 ~1,000円(大きさによる)
駐車場 あり(店舗前に2台)
公式HP https://www.navida.ne.jp/snavi/1978_1.html

まとめ

桜

小出川の桜

ちなみに、「でかまん菓子舗」の目と鼻の先の小出川沿いには河津桜が植えられており、例年2月中旬から3月上旬頃には「小出川桜まつり」が開催されています。

残念なことに今年2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「小出川桜まつり」は中止となってしまいました。

それでも、変わらず桜は咲いていますし、でかまんは美味しい。

今年はお酒ではなく、でかまんを片手に小出川を歩いてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる