papalagi

【エコストアパパラギ】日本初のプラスチックフリー販売店!無農薬・量り売りに対する想いとは?

●●●
こうちゃん

ジモハック湘南編集長こうちゃんです!
自給人特集第2弾は、無農薬・プラスチックフリー製品を販売する『エコストア パパラギ』さんを取材させて頂きました!

自給人とは、素材にこだわって自給自足するような人を指します。
湘南エリアは、実は海だけではありません。意外にも(?)素材にこだわって、美味しいものを作ったり、良いものを提供する人やお店が多いんです。

自給人特集では、そんな素材にこだわって頑張っている人たちにスポットを当てて、インタビューをしていきます!

無農薬&プラスチックフリーを掲げるエコストア・パパラギ

藤沢駅から徒歩5分の場所に店を構える『エコストアパパラギ』にやってきました。
お店に着くと、いきなり『無料給水スポット』の文字。

パパラギ

なんと、パパラギでは浄水器を設置した美味しい水を、無料で提供しているそうです。
マイボトルを持つ人の為に無料給水スポットを設置しているお店は藤沢ではまだ数が少なく、パパラギはこの無料給水スポットを街に普及させる活動もしています。何やら強い信念のようなものを感じますね…!

さっそく中に入ってみましょう!

中に入ると、食品や生活用品などがズラリ。

パパラギ

パパラギは、元々はダイニングスクールが発祥のお店で、『陸での生活スタイルを変えれば、人も海も地球も元気を取り戻せるかもしれない』という想いで立ち上げたお店で、以下のこだわりを持って運営しています。

エコストアパパラギのコンセプト
  • 無農薬&無化学肥料の食品を販売
  • プラスチックフリー商品の販売
  • 食品などは量り売りで販売

無農薬の野菜やお米はもちろん、プラスチックフリーの生活用品や家具まで、体や環境に優しいものが揃っているエコストア。さらに、無駄なビニールを出さないために、量り売りを徹底しています。

パパラギでは、45年以上無農薬・無化学肥料でお米の栽培を続けている、千葉県三芳村のお米を販売されています。

エコストアパパラギ

お米は1キロから購入可能だそうです。
こちらは無農薬のお米や野菜を食べて、平飼いで育てた鶏の有精卵。

パパラギ

野菜は果物も、パッケージ化のまとめ買いスタイルではなく、1個ずつから買える量り売りスタイル。

エコストアパパラギ

オーガニックのハーブティーも揃っていて、全て量り売り。グラムで料金が決まっています。
好きな容器を持ってくるか、紙袋(有料)で、好きな量のハーブティーを購入できます。

エコストアパパラギ

最近人気のグルテンフリー&白砂糖・乳製品・卵等を使っていないヴィーガンのお菓子。お菓子も1個から購入ができます。

エコストアパパラギ

さらに、パパラギで揃えているのは、食品だけではありません。
生活用品もプラスチックフリーにこだわりを持っています。

こちらは、海や川に流れても生分解される洗剤。こちらも量り売りです。

パパラギ

その他には、竹で作ったコーヒーカップやオーガニックコットンと蜜蝋で作られたエコラップ、シリコンで作られた保存調理器具『Stasher』などなど、プラスチックフリーの生活用品が何でも揃ってる充実っぷり。
エコラップは、繰り返し使えるからゴミが増えない!

パパラギ

エコストアパパラギは、もはやプラスチックフリーのテーマパーク!
『へ~こんな便利なエコグッズがあったんだ!』と何度も言ってしまうくらい、面白い商品が多いので、店内を見て回るだけでも楽しいです。

ですが、エコストアパパラギは、なぜここまで無農薬・プラスチックフリーにこだわるのでしょうか??
その理由を、株式会社パパラギの武本康平さんにインタビューさせて頂きました。

パパラギ

ダイビングインストラクターから感じた、海の環境変化

●●●
こうちゃん

本日は、よろしくお願いいたします。
まず最初に、パパラギというお店を始めた経緯を教えて頂けますでしょうか?

武本さん
武本さん

元々は、父が35年前に南藤沢に『パパラギダイビングスクール』というダイビングスクールを立ち上げて、今もいくつか支店を持って運営しています。そこで、家族4人(武本さん・弟・父・母)でダイビングのインストラクターをしていました。

6年くらい前に父がインストラクターを引退して、そのタイミングで僕と弟もそれぞれ別の仕事を始めました。

●●●
こうちゃん

最初はダイビングスクールだったんですね!

武本さん
武本さん

そうなんです。父は約40年程ダイビングをしてきたので、海の環境がかなり変化していることを見ていました。
最初の20年はどこの海も綺麗だったのですが、その後の20年間はどんどん壊されていく海を見て、胸が締め付けられる想いだったそうです。

それで、なんとかしないといけないということで、環境活動家として活動をスタートしました。

●●●
こうちゃん

なるほど。具体的には、どんな活動をしていたのでしょうか?

武本さん
武本さん

自ら操船するヨットでミクロネシアの島々、アメリカの水爆実験が行われていたビキニ環礁などを訪れて、現地の人にインタビューをしたり、水温上昇の状況を測ったり、島のプラスチックゴミの現状を確認したりなどを、3年間ほど調査していました。

そして、日本に戻ってくるたびに講演会やセミナーで現状を知ってもらう活動をしていました。

●●●
こうちゃん

なるほど。

武本さん
武本さん

その間、僕は地元の鎌倉で縁あって不動産会社でイチから仕事を始めて、弟は飲食の経営をしたり、内装の仕事を受けたりしながら経験を積んでいました。
そんな中で、また家族で仕事がしたいという話がありました。そこで出てきたのがプラスチックフリーのお店を始めようということで、このパパラギのお店が始まりました。

●●●
こうちゃん

プラスチックに対する問題意識は環境活動をしているときに、大きくなったのでしょうか?

武本さん
武本さん

そうですね。太平洋上で航海しているときは、陸や船の姿が見えないような海域でも、常にゴミだけは浮いてる状況なんです。
その中でも目立つのが漁師さんの浮きが流されていたり、大きいボトルやペットボトルなどのゴミが、どこまで行ってもあります。

どんなに綺麗な南の島の海でも、必ずビーチには物凄い量のゴミが流れ着いているそうです。
それも遠い日本などから流れ着いてるであろう漁具や網、ペットボトルの蓋などがあって、父は危機感を感じていたようです。

生活の中から環境変えていく提案をしているパパラギ

パパラギ

●●●
こうちゃん

そんな遠い場所でも日本のゴミが…。海を汚すのは、家庭からのゴミが多いんでしょうか?

武本さん
武本さん

実際には、どれが1番多いかはハッキリ言えないところはあるのですが、企業の活動が1番環境を破壊するとは言われています。

あとは、生活の中から変えていくという観点で、農薬とプラスチックがあります。

●●●
こうちゃん

なるほど。具体的には、どういう影響があるんでしょうか?

武本さん
武本さん

例えば、除草剤のような農薬がまかれている場所の近くの海を潜ると、海藻が全く生えてなかったりするんですね。さらに、海藻がないと魚や貝が少なくなってしまいます。
なので、農薬は直接口に入れるものだけでなく、海に対しても影響を与えてしまうんです。

●●●
こうちゃん

プラスチックフリーに関しては、どういうことを意識しているのでしょうか?

武本さん
武本さん

ビニールのゴミを店や家庭から出さないことを意識しています。
例えば、ハーブティーを販売する時も、ビニールで包装してパッケージ化した方が売れやすいし、品質も保持されやすいですよね。ですが、その分たくさんのビニールのゴミが出てしまいます。

●●●
こうちゃん

ふむふむ。

武本さん
武本さん

だから、何でもパッケージ化するのではなくて、好きな入れ物などを持ってきて頂いて、好きな量を量り売りで購入して頂けたら余計なゴミが出ないですよね。
そういう提案をするために、パパラギでは無農薬の商品と量り売りで販売をしています。

●●●
こうちゃん

なるほど。パパラギさんは、本当に無農薬と量り売りは徹底してますよね。
このマシンは何ですか??

武本さん
武本さん

このマシンは、ナッツグラインダーといって、ナッツの油分だけでペーストを作れちゃうんです。無添加でも美味しいんですよ。
食べてみますか??

ナッツグラインダー

ナッツグラインダー左:ピーナッツ 右:カシューナッツ)

●●●
こうちゃん

お…美味しい!!なにも入れなくてもこんなに美味しいんですね(感動)

パパラギ

カシューナッツペーストに感動して、思わず購入してしまうカメラマン笑

 

●●●
こうちゃん

その他には、どんな商品があるんでしょうか?

武本さん
武本さん

植物性のスポンジ等も販売しています。
普通のプラスチックのスポンジは、使うと細かくなってマイクロプラスチックとして流れてしまうんですね。
ですが、植物性のスポンジを使えば、土に還ってくれるんです。

びわこふきんと和太布は、洗剤を使わずにお皿を洗ったりすることができるんですよ。

パパラギ

パパラギでは、植物性のスポンジや洗剤を使わないふきんなども販売している

口コミで広がるパパラギのプラスチックフリーのコンセプト

●●●
こうちゃん

なるほど~こんなものもあるんですね。
こういう色んなものはどうやって知って、どうやって仕入れるんでしょうか?

武本さん
武本さん

最初は自分たちで『無農薬のお米を栽培してる農家さん知りませんか?』みたいに聞いて探したり、人づてで聞いたりしていました。
実際に、お米に関しては千葉なので、家族全員で千葉まで車で農家さんを訪ねたりしていました。

●●●
こうちゃん

千葉まで家族全員で!?凄い熱意ですね!

武本さん
武本さん

そうなんです。あとは、紹介して頂くことが多いですね。
お店をオープンしてからは、パパラギの活動を知って『ぜひ量り売りで売って欲しいから』ということで直接連絡して頂くこともあります。
その他に、お客さんから『ぜひこの商品をパパラギにおいて欲しい』というの紹介も多いです。

●●●
こうちゃん

なるほど。環境保全に対する意識が高い人からの口コミが多いんですね。
お客さんはどういう人が多いんでしょうか?

武本さん
武本さん

お客さんは、パパラギのコンセプト(無農薬・プラスチックフリー・量り売り)を知って、お店に来ていただくことが多いです。
プラスチックフリーのお店は、全国で初めてだったみたいで、新聞やテレビ、雑誌、ラジオ等色んなメディアに取り上げて頂いて、2019年の夏くらいから全国からお客さんに来てくださるようになっています。

●●●
こうちゃん

全国から!?例えば、どういうお客さんがいるんですか?

武本さん
武本さん

例えば、昨日は九州の方から来て頂いた方がいました。
やはりその方も九州でゴミをなるべく出さないような活動をしていて、ぜひ参考にしたいということで来店してくださいました。

●●●
こうちゃん

九州から…!

武本さん
武本さん

1月には大阪の方で、パパラギとかなり近いスタイルでお店を始めた方がいらっしゃいます。
その方も去年『ぜひ参考にさせて欲しい』ということで連絡してくださった方で、商品ラインアップや仕入れ先などもお伝えしました。
そんな感じで、少しずつ活動が広まっています。

パパラギ

食べ物から住む場所まで全て相談が受けられるエコライフ不動産

●●●
こうちゃん

株式会社パパラギは、エコストアとエコライフ不動産を運営してると伺いましたが、なぜエコストアだけでなく、不動産も運営しているのでしょうか?

武本さん
武本さん

僕が不動産の仕事ができて、弟は内装の仕事もやっていたので、それぞれ得意分野を合わせてできることがあるんじゃないかと考えて、不動産の部門も置いています。

エコライフ不動産としては、食べ物から住む場所まで全て相談が受けられるスタイルを考えてやっています。
一般的な賃貸や売買のご相談も受けていますが、少し立場が弱い方の相談も受けられるようにしたいという想いもあって、障害者や高齢者の方の住宅探しも承っています。

●●●
こうちゃん

なるほど。

武本さん
武本さん

それに加えて、化学物質過敏症の方に対応する住宅探しも受けています。

普通の不動産屋さんだと、綺麗にリフォームしていても、接着剤などが化学物質を発しているので、化学物質過敏症の方が相談にすらお店に入れないこともあります。
ですが、エコライフ不動産は、化学物質過敏症の方でも入ってこれるように、天然の素材や化学物質なるべく使っていない家具などを置いて内装をしています。

●●●
こうちゃん

化学物質を気にしていない家に住んでると体に悪かったりするんでしょうか?

武本さん
武本さん

そうですね。目に見えないものなので、なかなかわかりにくいんですが、呼吸するだけで体に蓄積されてしまうものなので、その許容量があるんですね。
その許容量を超えてしまうとアレルギー症状が出たり、頭痛がしたりという症状が出てくることがあります。

あと、お子さんにはとってもあまり良いとは言えないですね。

●●●
こうちゃん

食べ物に関しては気にしていましたが、家や家具に関しては、全く意識がいっていませんでした。
まずは、パパラギで揃っている商品で意識してみます!

パパラギ

量り売りでオーガニック製品が普通に街で買えるようになって欲しい

●●●
こうちゃん

最後に、パパラギが目指す未来を教えて頂けますか?

武本さん
武本さん

まずは量り売りでオーガニックのものが普通に街で買えるようになって欲しいなと思っています。
つまり、環境に負荷を与えず持続可能な生活ができるようなお店が増えていくことが、僕らの希望です。

●●●
こうちゃん

確かに、現状だと環境を汚してるだけですもんね。

武本さん
武本さん

そうなんですよね。
スーパーにいくと、全部ビニールに入って包装されていますよね。

やっぱり、主婦の方に多いんですが、毎日プラスチックやビニール袋などのゴミが出てことになるので、ゴミ出したくなくても買わざるを得ない状況が嫌になっている人も多いです。

だから、パパラギに来てくださる方は、量り売りができるところを探してきてくださる方も多いです。

●●●
こうちゃん

そうですよね。まとめて買うのが当たり前になってますよね。

武本さん
武本さん

そうなんです。例えば、みかんでも5個や10個でまとめてビニールに入ってることも多いですよね。
パパラギでは、1個からも買えるようにしているのですが、その方が食品のロスも少なくできますし、余計なビニールのゴミも出す必要もありません。

このように、環境を大事にしたいという想いがある方が、普通に買い物ができるようなお店が増えていって欲しいですね。

●●●
こうちゃん

なるほど。確かにパパラギみたいなお店が多くなれば、環境に対する意識も高まりそうです。
僕も食に関しては意識はありましたが、プラスチックや家具に対する意識が高まりました!
竹のコーヒーカップ愛用します♥

エコストアパパラギの概要

店名 エコストアパパラギ
ジャンル 無農薬食品の販売、プラスチックフリー商品の販売
住所 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1丁目3−6
アクセス 藤沢駅から徒歩5分
営業時間 10時00分~19時00分
定休日 水曜
問い合わせ先 0466-50-0117
公式サイト https://ecostorepapalagi.com/

PR:あなたのお店に取材に行きます

JIMOHACK湘南では、スポンサーを募集しています。
スポンサーの方には、取材などをさせて頂き、あなたのお店や会社を全力でPRさせて頂きます!

  • 自社のことをたくさんの人にPRしたい
  • WEBを使ったマーケティングに興味がある
  • ホームページを持っていないから作りたい
  • ホームページは持っているけど集客がうまくいってない
  • Googleマップ対策(MEO)に興味がある
  • 集客のノウハウを教えて欲しい
  • YouTubeに自社のCMを流したい

このようなお困りごとがあれば、JIMOHACK湘南がお力になれます。
もし、興味がありましたら「パートナー企業募集」のページをご確認いただき問い合わせいただければと思います。

パートナー企業募集ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

The following two tabs change content below.
アバター

ジモハック湘南編集長・こうちゃん

株式会社自給人代表取締役。ジモハック湘南編集長。 離婚をきっかけに茅ヶ崎に引越し、人生の流れが激変する。 畑で野菜作りをしたり、釣りをしたり、カフェ巡りをしたりして湘南を満喫。湘南地域を盛り上げます!

関連記事

  1. ediblepark

    【自給人特集】無農薬・無化学肥料で育てるEdiblePark茅ヶ崎代表・石井光さんに突撃インタビュー!

  2. 【えぼしの雫】茅ヶ崎の魚を使った無添加魚醤!売れない小魚を使った地域貢献の想いとは?

  1. BinO CAFF and BAKERY ZIN

    【茅ヶ崎】ビーノカフェ&ベーカリージンでランチ!天然酵母パンと…

  2. 【7/25オンライン開催】ちがさき地域寄席プロジェクト!落語×俳句

  3. 【辻堂】マッケンディーに行ってきた!クラフトビールと釜焼きピザ…

  4. 江ノ島プリン

    江ノ島プリンは3種類のプリンが楽しめる!江ノ島観光のお土産におす…

  5. 【江ノ島】暑い夏はべたなぎのかき氷!台湾式も食べられる和風かき…

関連サイト

神奈川県