>> WEBサイトをリニューアルしました

【平塚】譲渡型保護猫カフェ『にじのはし』に行ってきた!里親になる方法は?

●●●

どうも!最近、1歳の黒猫(保護猫)の里親になったばかりの榎です!控えめに言って可愛すぎ&幸せすぎます!!

ちなみに、「保護猫」とは、保健所や動物愛護センター、そしてボランティア団体さんにより一時的に保護されている猫のことで、「里親」とはそういった保護猫を譲渡してもらって育てる人間のことです。

実は神奈川県って、保健所などによる殺処分が2020年時点で犬は7年、そして猫も6年連続で0なんですよ!

その理由は、複数のボランティア団体さんの賢明な活動のおかげなんだそう。そして、ボランティア団体さんの元にいる保護猫を引き取って、里親として大切に育てている方も多いんです。

そんな里親希望の方とボランティア団体さんの間を繋いでくれる場所が、今回ご紹介する平塚にある譲渡型保護猫カフェにじのはしです!

2018年11月のオープン以来、2020年8月末時点でなんと累計302頭の保護猫が里親のもとに譲渡されていきました。

里親になりたい方も、おうちで猫が飼えないけれど猫好きの方も、みんなが喜ぶ素敵なお店なので、ぜひご参考になさってくださいね♪

目次

譲渡型保護猫カフェにじのはしとは?

にじのはし

2018年11月にオープンした譲渡型保護猫カフェにじのはしは、平塚駅西口から平塚総合公園に向かってまっすぐ進み、徒歩4分ぐらいの場所にあります。

白くて爽やかなお店の入り口前には、猫グッズのガチャガチャと居心地の良さそうなベンチを発見♪

窓から猫

そして、大きな窓からは、白黒のハチワレ猫ちゃんがこんにちは!

外からも窓を通して猫カフェの様子が見られるので、猫好きにはたまりません。
店内2
早速にじのはしに入店してみると、店内は猫グッズで溢れていました♪

猫グッズ
エコバッグ
カフェ内でも使える猫のおもちゃから、猫の模様いりのグッズの数々、にじのはし特製エコバッグ、珍しいものではかつお出汁の猫用お線香まで!

納骨

そして、店内奥の両壁には、ペットの遺骨入れや仏壇がずらり。こちらは猫だけではなく、ペット全般が対象です。

にじのはしの運営元のペットセレモニーウェイビーはペット葬儀社であるため、ペットのお葬式や火葬についての案内や、メモリアルグッズの紹介もあります。

にじのはしの利用方法

受付

利用料金
  • 平日30分1ドリンク・・・700円(休日700円)
  • 平日60分2ドリンク・・・1,200円(休日1,300円)
  • 平日90分3ドリンク・・・1,800円(休日1,900円)
  • 平日120分4ドリンク・・・2,400円(休日2,500円)
    ※延長料金10分・・・200円(休日300円)
にじのはしの利用には、いくつかのルール事項があります。

2020年9月現在は、コロナ禍の影響で完全予約制の貸し切り営業中です。
さらに、利用時間も1時間までとなり、延長はできません。

そのため、せっかくお店を訪ねてきても、予約なしの場合はお店に入れないことも。。
土日はすべての時間が予約で埋まるぐらいの盛況ぶりなので、しっかり予約をしてから訪れましょう!

予約方法は公式サイトやホットペッパーからなど、いくつか方法はありますが、直接お店へ電話予約が一番確実です。

受付で予約を確認してもらったあとは、手荷物を預かってもらいます。(カメラやスマホは持参OK!)

初めての来店の場合、受付スタッフさんからカフェ内での注意事項の説明用紙でルールを確認します。
猫の嫌がる行為は禁止」などのごく当たり前のことではありますが、しっかり目を通しましょう!

靴下

一番気をつけたいルールは、保護猫ちゃんたちへの水虫感染予防のためのくつしたの着用」。

ただし、うっかり忘れてしまった場合は店内で大人用300円、子供用200円でくつしたを購入することが出来ます。
この靴下、猫の足型になっていてとっても可愛いんです!私もつい買っちゃいました♪

ちなみに、猫のおもちゃやおやつも各200円で販売しています。 ※自宅からの持ち込み不可

手洗い

カフェ内でのルールが確認できたら、受付右横の入り口へ通してもらいます。

まず、手を石鹸でよく洗い紙で吹いたあとは、除菌液を手につけます。
さらにスタッフさんから服に除菌スプレーをふきかけてもらったら準備完了!

飲み物

おっと、カフェなので30分ごとに1ドリンクがつきます。
好きなドリンクを自由に選んでください。

スリッパ

そして、カフェ内用のスリッパに履き替えたら、今度こそ猫カフェの扉がオープンです!!

ねこねこパラダイス!!

猫の部屋

扉をあけると、ねこ・猫・ネコ・Cat!!猫好きにとってのパラダイスが広がっていました!

取材時は14匹の保護猫ちゃんが在籍し、うち12匹が生後半年以内の子猫でしたよ。

キャットタワー
威嚇
入り口の横には大きなキャットタワー。そして壁にはキャットウォークが。
部屋全体の柔らかい木目調がオシャレですね。
可愛いキジトラの子猫がいたので、そっと近づいてみたら見事に「シャー!」されてしまいました。うーん、そんなところも可愛いんですが(笑)

ケージ

窓の下には、保護猫ちゃんたちが夜眠るようのケージが10個。
あれ?14匹いるので足りないのでは?と思ったのですが、兄弟猫は同じケージで寝てていたり、カフェ部分外にもケージを用意しているそうです。

ところでケージには、各保護猫ちゃんの名前と顔写真、性格が書かれているのですが、、、キジトラの「イロ君」のケージの中には黒猫の「ルーパー君」が寝ていました。猫って自由だな~。

猫じゃらし

いろんな性格の猫がいるのですが、様々な背景で保護された事情があるからなのか、普通の猫カフェと異なり、人間ににゃーんとすり寄ってくる子は少なかったです。

そんな時に頼りになるのがスタッフさん!基本的にお客と一緒に室内で遊んでくれるので、保護猫ちゃんたちもこの通りワラワラ集まってきてくれました。やんちゃざかりでじゃれるじゃれる♪

里親になりたい場合はここでスタッフさんに詳しく質問してみたり、ここにいる保護猫ちゃんたちの性格や詳細をきいてみたりすることも可能です。

なでて
アップ
中にはこ~んなになつっこい子も。
スリスリスリ~とカメラにも好奇心いっぱい!

しっぽ

スカートの中に入るのが好きな子もいるので、女性の方はご注意を!猫カフェあるあるのようです。

紅茶姫

ドリンクを飲んで一休み。うーん、猫見酒ならぬ猫見紅茶。
しばし、まったりと自由な猫たちを椅子に座ってみています。

猫鍋

3匹が入る猫鍋が見られるのも、ねこカフェならではですよね。猫が嫌がらないようなら触らせてもらうこともできますよ。もふもふもふ…。

あっという間に1時間が過ぎていきました。
もっといたいよ~と思ったのですが、既に次の予約客の方が順番待ちをされておりました。

里親になるには?

猫キャスト

さて、にじのはしに在籍しているねこちゃんの里親になる方法をご紹介いたします。

まずは、手洗い場の壁に貼られている「本日のねこちゃんキャスト」をチェック!
その日在籍の保護猫ちゃんたちの顔写真、名前、性格などが書かれていますが、右上に赤いシールが貼られている猫ちゃんは「譲渡先決定済み」ですよ。

左下は今はカフェにいない「デビュー待ちのキャスト」2匹で、一番上の「おはぎちゃん」だけは、譲渡不可のにじのはしスタッフだそうです。

きじとら

この時点でびびっと来たり、カフェで遊んでいるうちに気になった猫ちゃんがいたら、にじのはし店内で譲渡希望用のアンケートに記入します。

猫ちゃんの所有権は保護主のボランティアさんにるため、にじのはしでは譲渡に関しての判断は一切行っていません

兄弟猫

アンケートはにじのはしを通して所有者のボランティア団体の元に届き、その後はボランティア団体から里親希望者に直接連絡が入る形で、譲渡への動きが開始されます。

流れとしては、にじのはしでアンケートを書いてから3日以内に、対象の猫ちゃんを保有するボランティア団体さんから直接連絡が入ります。

その後、ボランティア団体さんが里親希望の方の自宅に訪問し、譲渡できる状態かを確認します。
確認ポイントや譲渡条件などはボランティア団体さんにより異なりますが、自宅訪問時点では「脱走対策が取られているか」も重要なポイントです。

そして、自宅訪問も問題なければ、最初にボランティア団体さんから連絡が入ってから一週間以内に保護猫として譲渡してもらえます。

かなりスピーディな流れなのですが、にじのはし内のケージが空かないと次の保護猫がやってこれないからというのが理由だそうです。

里親になりたいのなら、ねこちゃんをいつでも迎えられるように準備してから譲渡を希望したほうがスムーズにすみますよ。

お願い

そして、譲渡が決まった場合は、希望の猫ちゃんに掛かった医療費ワクチン、虫下し、ノミダニ駆除、不妊手術費等)の負担と、にじのはしへ施設維持費として1頭につき5,000円(税別)が必要となります。

にじのはし運営元のペットセレモニーウェイビーの井上さんからは

「コロナ禍でも、感染防止対策を実施しておりますので安心してお越しくださいませ。
また貸切営業としており、経営は苦しい状況となっておりますので、ぜひ皆様のご来店によるご協力をお願い申し上げます。」

というメッセージを頂きました。

にじのはしの営業存続のためのチャリティ缶バッジ(2,000円税込)も販売していますが、自分のペットの写真を缶バッジにできちゃうので人気があるんだとか。

募金

また、事情があって「にじのはしに来ることができない」保護猫ちゃんたちのための募金も受付カウンターに置いてあります。

保護猫について興味があったり、他の保護猫も気になったりする方は、是非にじのはしに保護猫たちを託している保護ボランティア団体さんの活動もチェックしてみてくださいね!

営業時間・アクセス・駐車場情報

住所 〒254-0042 神奈川県平塚市明石町24−13
電話番号 0463-25-5007
アクセス 平塚駅西口から平塚総合公園に向かって、北に徒歩4分。西隣りに「サン・ライフ・サカエヤ・ホール」
営業時間 月、水、木、土、日、祝日、祝前日:
11:00~20:00 (料理L.O. 19:30 ドリンクL.O. 19:30)
定休日 火曜日、金曜日
予算 30分700円~
駐車場 なし
公式HP https://hogoneko2484.owst.jp/

まとめ

白猫

里親になれる環境ではないんだけれど、猫が好きだからにじのはしに行ってみたいな…
と迷われている方にも、井上さんからのメッセージをお届けします。

譲渡希望ではないお客さまもぜひお越しいただきたくお願い申し上げます。
ネコちゃん達もいろいろな人に触れあって頂く事で、人慣れする事が出来、譲渡につながっていきますので、よろしくお願い申し上げます。

ちなみに、私がにじのはしを訪ねるのは今回で2度目でしたが、前回の訪問時は在籍していた6匹全員譲渡先決定済みという奇跡のタイミング!

普通の猫カフェとは異なり、にじのはしのネコちゃんは、いつ訪れても一期一会の出会いが楽しめます。
訪れた方の中に一生の出会いをした里親さんがいたからこそ、新しい保護猫ちゃんたちと会えることを忘れないようにしたいですね。

一匹でも多くの保護猫ちゃんが、にじのはしで運命の里親を見つけられますように。

ホームページ制作

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる